プロフィール

MAHODO

Author:MAHODO
魔法堂へようこそ♪
主にイベントなどの詳細を綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

amazon今日の新刊コミック

アニメPV&名曲集



presented by アニソン名曲.com

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末

よぉ、おまえら元気にしてたかい?
GROOVECOASTERあそんでるかい?スマホでも遊べる基本無料!まあダウンロードしてくれよな?

さあもう12月になってしまったな。

今年の締めのゲームはなんにしようか迷ったが、FFTにすることにした。

index.jpg

わたしはこの「タクティクスシリーズ」が大好きで、ちまちました戦闘が楽しい。もっとも好きなタクティクスシリーズはオウガですがもう会社がない上にスタッフが集まれないので仕方ない。

ファイナルファンタジーシリーズは変なシステムを付けるのでそれが嫌。

所詮クエストが作ったシステムには勝てないので無理やり変にしないで欲しい。

と思っていたらなに、今度はスマホ?wwwwwww

無理wwwwwwwwwwwwwww


おとなしくオールドゲームの方で遊ぶwww

さて、けっきょくPSO2のチームはもうすでに崩壊の一途をたどっておりますが、もともとソロプレイなMAHODO、なにがあっても気にしないスタイルではある。

っていうか私のスタイルが自分勝手で申し訳ない思いでいっぱいでありんす。

すぐに腰がいたくなってしまったりねむくなってしまったりとおじさん全開。

もうしわけございませんwwwwwwwwwww
スポンサーサイト

さむーい

いやー今日さむくないですか?ただ僕の村はまだまだ秋まっさかりです。
動物の森の話ですけどね。

時々ふとレトロゲームがやりたくなりますね。なぜか寒い季節にこたつに入りながらファミコンの楽しい
記憶が蘇ってまいります。

あなたが真っ先に頭の中に描いたゲームはなんだったでしょうか?



レトロゲームの紹介(グラディウス2/沙羅曼蛇)

みなさまお待たせしております。今回はMSXのシューティングゲーム『グラディウス2』と『沙羅曼蛇』を紹介します。saramanda.jpg

まずは沙羅曼蛇。MSX最高峰とよばれるコナミのMSXプログラムはテクニックでは世界最高峰といっても過言ではないでしょう。
なにせ2人用同時プレイ、交互プレイ可能なうえ、新しいオリジナリティも加えたNEWシューティングになっています。音楽もまたオリジナルで、別の沙羅曼蛇になっています。
新しいグラディウス感覚で楽しめます。
ただ・・・・相当な難しさになっています。
1面クリアすらやっとか?とも思えます。DEMOなどもこれでもかときれいなグラフィクスで展開、なのにこの難易度はないだろうwと思う。
玉がスプライト重なりで消えることがままあり、突然死亡してしまうのがネックですが・・・なんどやってもクリアできないwwww

アーケードでの沙羅曼蛇は通常のグラディウスとは違い、パワーアップアイテムが出るのですが(スピードアップとかが取ったことによりアップされるシステム)しかし、今回のものはグラディウスを踏襲している。

g2.jpg

グラディウス2.ここでよく間違えるのはアーケード版グラディウスⅡとは全く違うゲームであるということ。
2とⅡの違いはだてじゃないってことだ。

同様にグラファンを納得させる出来であることは否めないのだが、同様にとても難しい。復活はほぼ無理かも。
全く違うグラディウスやってみたいなーとかおもっているかたがいれば 是非JOYSTICKの購入を検討してほしい。g21.jpg

パワーアップも大量に用意されている。下に落ちるレーザーなど変わっている。


例によって前回にご案内しました場所で自己責任にてで遊べます。

それではまた会いましょう。GOOD LUCK!







レトロゲームの紹介(パイナップリン)

pine2.jpg


皆さま、お久しぶりでございます。

粘着が最近ひどくて放置していましたが、やっと姿を消したようですので書こうかなと思います。

とはいっても遊戯王のことではないのですが・・・だって更新しない再録祭りなんだモーーン!!

紹介するのはMSXという機種で1984年に出ました、『パイナップリン』です。

カートリッジカセットでZAPより発売いたしました。しらねーだろうーが・・・

MSXといえば汚いグラフィックに音源しょぼーのハードでしたがコンセプトはなかなかのものでした。

またコンマイさんの独壇場でもあり開発陣が優秀でとてもソフトが売れていたのを思いだします。

まーそんななか!黎明期に登場したこのゲームはプログラマーが素晴らしく、なんともびっくりな出来だったのです!

pine1.jpg

※主人公のパイナップリンは島国の男の子。病に倒れたお母さんを助けるべく、島に捨てられている(置いてあるのだが)パイナップルを50個集めると巨大なパイナップルが登場しお母さんを助けられるというストーリー。
全10面でパイナップル5個取って隣の島に橋がかかって渡ると面クリア。1個とったら次のが現れるので予測がつきにくいのが特徴。なお、4個とってもやられると最初に戻される。コンティニューはありません。

横スクロールが大変高速に処理されていて、もっさり感がなく、当時のゲームはもうそれは大学生が作ったんじゃないかっていうほどのお粗末ななか、美しいグラフィックでした。

さすがに音源はどうしようもありませんでしたがコミカルなBGMに仕上がっていました。

さてどうしてここまでそろっていて知名度が上がらなかったのでしょうか?

それは3つの要因があったのです!!じゃじゃーーん。










① 敵がつよすぐる。

  とにかくそいつらの動きがトリッキーですぐに死んでしまう。敵は3匹しかいない。だが死んだら巣穴から0.001秒で復活してくる。主人公にアンテナがあるらしく、必ず主人公に向かってくる。巣穴の近くにパイナップルが配置されていることもある。

以下、その説明です。

A:亀さん。真黒な亀さんでいかにも毒を持っている感じです。しかもかなりスピードが速くて手に負えない。そして凄いのはジャンプする。 

B:蛇さん。紫色の蛇でいかにも毒を持っている感じです。若干亀さんよりはスピードが落ちます。そして、またしても彼もジャンプする。

C:蝙蝠さん。黒の蝙蝠さんは他の敵と違って空を飛んでいます。ただ

し、止まりません。常に飛んでいるためどっちにくるか予想ができません。斜めには飛んでこないが中途半端に止まっている

と完全なる通行止めにより死亡は免れません。

② 主人公が弱すぎる。

ジャンプをするにもシビア。場面が島なため下は海の場面が多すぎで一発で死亡する。

敵を攻撃するツールがない。

階段を上るスピードがゆっくりすぎてじいさんか!とツッコミを入れたくなる。降りるときもそう。

時間というかPOWERがどんどん減りますので止まっていたりすると死にます。また、このPOWERはリンゴハウスによって回復しますが、安全地帯では無いので油断をしていると死にます。

ただ最初1万点で1機、20000点ごとにで1機増えますので頑張れば何とかなるかもしれません。

筆者こと、MAHODOはクリアしましたがこのゲームのクリアした感動ははかり知れません。

pine3.jpg

1面2面はさほどではないので余裕ですが3面は本当に厳しい。島が完全に海の向こうに割れているMAPなのでかなり厳しいのです。

よかったらみなさんもやって見てはいかがでしょうか>?自己責任ですがこんなツールもあります。

http://www.vik.cc/bluemsx/jindex.htm

BLUE MSXのサイトです。本体のツールです。

ソフトは

http://www.rom-world.com/

英語のサイトですがみればわかります。

今売っているゲームをダウンするのは気が引けますが、もうすでに出来ない名作を遊ぶには商業目的でなければ助かるサイトです。

プレイのご感想をいただければと思います^^










テーマ : ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。