プロフィール

MAHODO

Author:MAHODO
魔法堂へようこそ♪
主にイベントなどの詳細を綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

amazon今日の新刊コミック

アニメPV&名曲集



presented by アニソン名曲.com

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5話『会議』

B次長『では、時間になりましたので、10月会議を始めます。起立! 礼! 』

B次長『9月概況で部長から説明があります。』

A部長『えーあー9月の概況を説明すると、クレジット課金○○、DP課金○○、コナミスタイルからのDP○○、』

…と数字の報告から始まった。昨年対比では徐々にこのプロジェクトは上がっている。

A部長『というように好評な状況である。我々の作戦はおおむね成功している。なにか問題あるか?』

C『え!?あ、そうですね…OCGのほうではシンクロモンスターの登場とアニメ5Dsの好調な推移となっていますが』

C『肝心のオンライン状況ではいまだにオネストパックのままであり、時代も前回のアニメのものになっています。』

部長『しかし肝心のプログラムの方は、まだ仕上がっていないようだが。それは我々にはどうしようもない』

D『でも前回の会議でさまざまな案は出ていたと思うッス。工夫の余地はある・・っすか?』

概況の説明は部長がするべきだが、数字の報告だけでは全体把握がないだろう。Fは前年を詳しく知らないために、ただ聞いていた。

B次長『DPキャンペーンが好調です。それにアルティメットマッチがあります。』

C『アルティメットマッチはこれで終わりですし、DPサービスは12月1日までです。もうすぐ終わりです。』

F『あのー』

一同がこちらを見る。一瞬たじろぐが、Fはプログラム室を出るときのエンドユーザーの声のことをいいたくなった。

F『この前イベントに出ているときいろいろなユーザーの生の声を聞けました。それで…』

A部長『…君はわかってないね』

A部長はすぐにFの意見をさえぎった。少しイラツキもあるようだ。

F『部長、メールの要望のまとめなどは?』

A部長『そんなもの、ない。』

そろそろ空気を読めよと言わんばかりにDが話し出す。

D『あのさー、客、客いってもさ、外国人もいるわけよ、日本人だけにサービス出来ないし。第一あいつらの要望ときたら…』

F『しかし苦情(クレーム)もあるわけです。調査はされないんですか?』

A部長『以前GMの話はしたろう。意味がないんだよ、強烈な推進力でいけばいいのだ』

F『ではカスタマーセンターに寄せられたクレームはどうしているんでしょうか?』

C『どうでもいいかなって文については、まあ大半がそうなんだが、伝えとくという文で返しているそうだ、いちいち返信してられないしね。』

B次長『いまのままじゃだめだ。提案がある』

Fはこの状況を打開していくことはできるのか、B次長の話に耳を傾けた。

つづく。
スポンサーサイト

DT01を30で開ける画像

新パック開けたくて開封!順番ににどうぞ!


OPEN1.jpg

1回目!

OPEN2.jpg

2回目!!

OPEN3.jpg

3回目!!!

OPEN4.jpg

4回目最後・・・

OPEN5lst.jpg


感想をよければおかきいただけますでしょうか。正直開封率わからんので^^;

第4話『異動』

F『ふわーーーああ・・・終わった』

朝方になり、ガンスリングは終了した。引き継ぎ書を記入し、帰宅の準備をしていた。

会社はまだ警備員しかおらず、もう空は明るかった。FはAからDまでになるロビーを巡回したが

ユーザー『負けたーーー』『7連勝!』『ワンキルうぜーーーっ』

なんだよ・・・しっかり楽しんでるじゃないか…大丈夫そうだ。

ずいぶん、先輩の担当Cに脅されもしたが、RMTの現場らしいところもなかった。

予定では変化はないようだが今後としてはレヴォリューションマッチイベントが来週に開催。

F『またALLなのかな…俺なにやってんだろ…』

そう思いながら電車の中でウトウトしてしまうのだった。



来週になり、出勤するとなにか課内でなにかあったらしい。なんだろう?

F『おはようございます』

部長は少しご機嫌ななめだ。挨拶返しもない。

朝礼がはじまった。

部長『あー、諸君おはよう。きょうから一人配属になる、アメリカにいっていた次長のBクンがもどってくる。』

場内にどよめきがおこった。担当Cにこっそり『どんな人なんです?』ときくと

C『そうだなあ…部長やっててもおかしくない人かな。』

D『帰ってくるッスか!にぎやかになりそうッスね!』

そうDが漏らすと部長は一層顔を曇らせた。Dはそれに気付いてすこし黙った。

しばらくして、後ろのドアからひとりの長身の男がはいってきた。

B『ずいぶんひさしぶりですがよろしく。あれ、新顔もいるね』

Fは自分のことかとドキリとしたが、なかなかキレがありそうだと直感していた。

次長の役職は部長補佐が主な仕事だ。どんな分析やアイデアをもってくるのだろうか。

部長『挨拶はおわり!今晩は歓迎会を行うのでみんなスケジュールをあけておくように。』 

そしてしばらくして会議にはいる。次長の実力はいかほどなのだろう。



つづく。

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。