プロフィール

MAHODO

Author:MAHODO
魔法堂へようこそ♪
主にイベントなどの詳細を綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

amazon今日の新刊コミック

アニメPV&名曲集



presented by アニソン名曲.com

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

第7話『発表』

A部長『なぜ相談しなかった。』

B次長『アメリカに行っていたんです。そこでのチームのデザインにあわせて考えたものです』

A部長『そうか。案としては面白いがな。だがこれはだめだな。』

一同『えっ』

ここまで完成しておきながら否定するとは恐れ入った。まだこの状態からほかのウルトラ技がくりだされるのでろうか?

A部長『この案はYO2のベースとなっているが既にコンシューマではもう古い部類だ。』

A部長『新作を作るという事は旧作を超えるということなんだ。旧作の継続はYO3ではない!』

そう断言する部長はこう続けていった。

A部長『この案の新しいところはなんですか?売り、目玉は何ですか?君らもKONAMIの看板背負ってるんだ!中途半端はできないんだぞ?』

B次長『では部長は打開策をおもちなのですか?』

A部長『当たり前だ。1年待ったんだ。これ以上待てるか。』

A部長『…そういう意味では黙っておいてすまない。社内秘…というものでな。発注も今回は外注なのでバレなかったと思う。』

Fは自分の元部内にそういった話があったのなら知らないわけはなかった。極秘なわけだ。

しかし次長には伝達しておいてもよかったと思うし、次長も新案を黙っていなければよかったのにと一瞬頭を過ったが、しかしB次長との確執も否めなかった。会議は尻つぼみに終了した。




YO2ではデュエルパスを購入すると特典のカード(それも相当の価値があるカード)がつくというキャンペーンがスタートしていた。

ここまでのカードが付くともなれば相場は大荒れになるのだが、いかんせんデュエルパスを売っていなかった。

もはや再販売自体もできないようになっていたのだ。(それでも恐竜PASSは残っていたのだが)

Fはコストパフォーマンスを考えない、この会社の派手さを好む体質が変えられない事をだんだんわかるようになってきた。DPを作るコストがもうないのだ。

このキャンペーンはもうけるつもりがあるのかどうなのか、不可思議な仕組みにユーザーの意見が猛烈にしりたくなってきた。

以前メールは見る必要がないといわれていたが実際どうなのだろうか。

Fは相談室の方へ訪れてみた。

同期の社員で、Mがそこの部署担当にいた。実はちょっと彼女に会いたかったなんて口に出せないわけだが…

F『こんにちはー。今大丈夫?』

M『あーっF!元気?どうしたの?』

F『今の部署のエンドユーザーメールをみたいのだけれど…。みてもいいかな?』

M『どうぞどうぞ、っていうか、そこの部署で見に来たのFがはじめてだよ!』

こういった事情は社内での常識になっているが、思わず二人で苦笑いしてしまった。お互い妙な会社にきてしまったものだ。

つづく。
スポンサーサイト

第6話『衝撃』

B次長『その案はこれです』

正面にあるホワイトスクリーンにてプロジェクタに映し出される画像に注目が集まった。

しばらくして【遊戯王オンライン3(仮称)】の文字が大きく浮かび上がった。

そこにいる部長以外の全員がため息とも取れぬ声を発した。それもそのはずである。1年待った待望の次回作である。

B次長は発表する前にプログラムの試行錯誤を抜けての案で骨子はしっかりとしていた。

パワーポイントで次々にページをめくるB次長。その内容はほぼ、YO2のベースを引き継いでいた。

B次長『今現在のシステムを流用し、ユーザーがそのまま楽しめる形を作る。シンクロ召喚という現在のOCGのジャンルをいれることでの

コストパフォーマンスも良い。YO2の反省点を生かしてアバターを増やしていく。そのアイテム目標は…千!』

一同『千…・だって!?』

B次長『彼らが待った時間は1年。その時間に出来たことです。またシンクロ、チューナーの存在はすでにコンシューマ市場にて

プログラム的な問題もクリアしている。』

B次長『ステージも宇宙ステージ、ファラオステージ、などやおなじみのNEO童美野CITYのステージももちろんある。ここには仕掛けが…』

なんとも完成度の高い発表だ。このクオリティーはいまのYO2の引退ユーザーを引き寄せるほどの魅力があるかもしれない…!

B次長『発表をおわります』

A部長『…………』

D『いやぁぁーこれはすごいっすね!!とびつきますYO!!!』

C『今のYO2はイベント以外はユーザーが増えていない。しかしこのレベルでの改革は納得するレベルでしょう。お疲れ様です!』

A部長『………(なにかを言っている)』

Fは部長が黙っているのが気に入らなかった。もうイベントだけでもこのままの運営は厳しいだろう。今の運営状態は

さっき自分で発表していたではないか?

この案は確かにすばらしいがなぜ部長の顔色が暗いのだろう。その疑問はすぐに判明した。

つづく

| ホーム |


 ホーム