プロフィール

MAHODO

Author:MAHODO
魔法堂へようこそ♪
主にイベントなどの詳細を綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

amazon今日の新刊コミック

アニメPV&名曲集



presented by アニソン名曲.com

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

イベントカードの紹介

エボリューションイベント

11_20110814102150.jpg


《ブルーローズ・ドラゴン/Blue Rose Dragon》


効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守1200
フィールド上に存在するこのカードが破壊され墓地へ送られた時、
自分の墓地に存在する「ブラック・ローズ・ドラゴン」
または植物族モンスター1体を選択して特殊召喚する事ができる。

 《ブラック・ローズ・ドラゴン》を蘇生でき、効果による破壊にも対応するようになった《ロードポイズン》と言えるカード。
 蘇生効果自体は《ロードポイズン》の上位互換であり、ステータスも僅かではあるが攻撃力・守備力共にこちらの方が高い。
 任意効果なのでタイミングを逃す可能性はあるが、自分のカードで破壊してもいいので、《ブラック・ホール》や《激流葬》等とも相性が良い。

 しかし、このカードは《ロードポイズン》と違い自身は植物族ではないため、一概にこちらの方が良いとは言い難い。
 【植物族】は同じ植物族に関する効果を持つカードを多く用いるため、それらの恩恵を受けられないのは大きな欠点となる。
 属性も《ロードポイズン》とは異なり、リクルーターにも対応しないので、【植物族】に投入する場合は自分のデッキやエクストラデッキの内容に合った方を選びたい。

《ロードポイズン》とこのカードを両方とも採用すれば、このカードから《ロードポイズン》を特殊召喚することで2回分の壁にすることができる。
墓地が十分に肥えていないデュエルの序盤で、効果が機能せずに腐る危険性があるのはあちらと同じなので、注意しよう。

以上 wikiより。

いや、結構強いんじゃないかな。いれる価値があるかと思う。破壊効果なので戦闘で、という文言もない。ただ除外、墓地へ送る、は無理ですがほとんどそれは問題ないかとおもう。

しかもこの攻撃力・・・・

これはやばいぜ・・・・

10.jpg

《死(し)の花(はな)-ネクロ・フルール/Necro Fleur》

効果モンスター
星1/闇属性/植物族/攻 0/守 0
このカードがカードの効果によって破壊され墓地へ送られた場合、
自分のデッキから「時花の魔女-フルール・ド・ソルシエール」1体を特殊召喚する事ができる。

 最上級モンスターをデッキから特殊召喚できるため、成功すれば大きなアドバンテージにつながる。
 《時花の魔女-フルール・ド・ソルシエール》は特殊召喚時に発動する効果を持っているため、このカードで特殊召喚するだけでコンボとなる。

 ただし、《時花の魔女-フルール・ド・ソルシエール》自体が特殊召喚手段が豊富なモンスターであるため、状況によっては《ディメンション・マジック》等の方が特殊召喚しやすい場合がある。
 効果破壊というトリガーも扱いにくい点の一つ。
 デッキに《時花の魔女-フルール・ド・ソルシエール》が存在しないときは、腐る点も注意したい。
 《貪欲な壺》等のモンスターをデッキに戻す手段を用意すればその点は軽減される。

 発動条件は効果によって破壊される事であるが、攻守0のこのカードを相手が効果破壊することはまずない。
 仮に破壊されたとしても、それが相手ターンであれば《時花の魔女-フルール・ド・ソルシエール》の効果を活かしきれない。
 そのため、《激流葬》や《ブラック・ホール》等、自分で破壊する手段は必ず用意しておきたい。
 中でも《リミット・リバース》は筆頭で、守備表示にする事で確実に効果を発動できる。
 《終末の騎士》や《ローンファイア・ブロッサム》を用いれば、墓地に落とす事も難しくない。
 《死霊の巣》でも破壊しやすい。
 闇属性主体のデッキにすれば、《闇次元の解放》と併せて使うこともできる。

破壊される場所は指定されていない。
そのため、《連鎖破壊》や《魔のデッキ破壊ウイルス》などでデッキや手札から破壊された場合でも効果を発動できる。
以上wikiより。
うーんこりゃーすげー強化される。植物だけでも相当やっかいなのに・・・・エボ、あたりだねえ・・・

9.jpg


《時花(ときばな)の魔女(まじょ)-フルール・ド・ソルシエール/Sorciere de Fleur》

効果モンスター
星8/闇属性/魔法使い族/攻2900/守 0
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
相手の墓地に存在するモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターを自分フィールド上に特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは相手プレイヤーに直接攻撃する事はできず、
このターンのエンドフェイズ時に破壊される。
「時花の魔女-フルール・ド・ソルシエール」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 一切の召喚制限がない魔法使い族の中で、《コスモクイーン》と並び最高の攻撃力を持つ。
 効果も強制効果なので、《ディメンション・マジック》で特殊召喚するモンスターとしては最適といえる。
 このカードで特殊召喚した相手モンスターを《ディメンション・マジック》でリリースすることもでき、かなり相性が良い。
 他にも属性・種族の関係から、《闇次元の解放》や《ダーク・クリエイター》・《マジカル・コンダクター》等でも特殊召喚できる。
 《終末の騎士》や《闇の誘惑》・《トレード・イン》にも対応しているので、無理なく特殊召喚を狙っていける。
 専用リクルーターの《死の花-ネクロ・フルール》もステータスのおかげで特殊召喚しやすい。
 《悪夢再び》に対応したステータスでもある。
 このメリットは前述の《ディメンション・マジック》や《トレード・イン》を採用する際に活かしやすい。

 効果はノーコストで相手墓地のモンスターを蘇生できる優秀なものである。
 自壊する上に直接攻撃もできないため場面は多少選ぶものの、効果は使えるので切り札が奪えれば圧倒的なアドバンテージを得られる。
 下級モンスターを蘇生するにしても、シンクロ素材やエクシーズ素材、リリースに使う場合はほとんど問題ない。
 相手依存なので《クリッター》等の蘇生したくないモンスターばかりのときは多少召喚をためらうが、自身の攻撃力もあいまって腐ることは少ないだろう。

以上、wikiより。

この3種類の紹介してきたカードの効果はテーマとはいえ、相当に強い効果と言えるでしょう。植物でのデッキにとどまらず、今までのデッキに追加したブレンド効果だったとしてもそれに応ずる働きはあるかと思います。





スポンサーサイト

イベントカードの紹介

ガンスリングイベント

6_20110804213354.jpg

5連勝カード

《Z-ONE(ゼット・ワン)/Z-ONE》 †
通常魔法
セットされたこのカードが破壊され墓地へ送られた時、
自分の墓地に存在する永続魔法またはフィールド魔法カード1枚を選択して手札に加える。

永続のカードの使いまわしでの期待感はあるけど、永続のカードでそんなに必要なものありましたっけ?
結構手札消費しますのでカードのアドバンテージは厳しいと思います。ダブルサイクロンで1:1ですけどね・・・
あとマジカルシルクハットって手もあるかも。

フィールド魔法の方ですが、テラフォーミングで事足りるような気がします・・・

7_20110804214001.jpg

6連勝カード

《マシンナーズ・カノン》 †

効果モンスター
星8/地属性/機械族/攻 0/守2200
このカードは通常召喚できない。
手札から機械族モンスターを任意の枚数墓地へ送った場合に特殊召喚する事ができる。
このカードの攻撃力は、
このカードの特殊召喚時に墓地へ送ったモンスターの数×800ポイントアップする。

 PREMIUM PACK 13で登場した地属性・機械族の特殊召喚モンスター。
 機械族モンスターを墓地に送る事で特殊召喚される効果と、同時に自己強化を行う効果を持つ。

 召喚条件は緩いものの、複数枚の機械族を墓地に送らないと十分な攻撃力は発揮できない。
 4枚以上の機械族を墓地に送らなければ《マシンナーズ・フォートレス》に攻撃力で勝ることは出来ず、他に効果がない分使いづらい。
 また、墓地に送るモンスターのレベルが3以上だと効率面で《モンタージュ・ドラゴン》に劣る。

 注目すべきはレベル8のマシンナーズである点であり、《マシンナーズ・ギアフレーム》からサーチでき、《マシンナーズ・フォートレス》の特殊召喚のコストを1枚で賄える。
 このカードの登場まで同様の役割を担っていた《マシンナーズ・フォース》に比べ、《トレード・イン》に対応している。
 また、壁としての運用や、場合によっては切り札級のモンスターとしての活躍が期待できる。

 あるいは、通常モンスター軸の【機械族】を作り、【凡骨ビート】のギミックで手札をため、1ターンキル級の攻撃力を叩き出すのも面白い。

蘇生・帰還に対応しているが、攻撃力0になるため、壁としての役割しか果たせなくなってしまう。

以上、wikiより。

こいつはなかなか使えるじゃないか!
フォートレスショットの最中にもう少し火力があればいいが、ガジェットじゃなあ・・・と御思いの貴方!
こいつがとどめの切り札になりえるかもですぅ。


8_20110804215050.jpg

7連勝カード

《V・HERO(ヴィジョンヒーロー) アドレイション》 †

融合・効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/攻2800/守2100
「HERO」と名のついたモンスター×2
1ターンに1度、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体と、
このカード以外の自分フィールド上に表側表示で存在する
「HERO」と名のついたモンスター1体を選択して発動する。
選択した相手モンスターの攻撃力・守備力は
エンドフェイズ時まで、選択した自分のモンスターの攻撃力分ダウンする。

 融合素材がHERO2体と緩く、容易に融合召喚できる。
 ただし、あくまでもE・HEROではないため、融合召喚の手段はあちらより制限される。
 また、効果自体は他のHERO前提であり、場合によってはステータスを下げられない場合もある。
 その点はE・HEROであれば、融合素材を《ミラクル・フュージョン》で流用し並べるなどで、大きな減少を見込むことは可能。
 《E・HERO シャイニング・フレア・ウィングマン》ならば自身のダメージ効果とこのカードの攻撃力ダウン効果がうまくかみ合うので高相性である。
 また、D-HEROにおいて《Dragoon D-END》以外に単独での融合召喚を容易に組み込めることで事故を軽減できるのも利点か。

 同じくステータスを変化させるHEROには《E・HERO Great TORNADO》や《E・HERO ガイア》もいる。
 このカードと比べ変化率は大きく前準備もする必要はないので、あちらが融合召喚できる状況ならばこのカードの優先度は低い。
 こちらは維持できれば融合召喚時以外にも発動する利点はあるが、耐性は特になく、攻撃力を一時的に下げるのみのため、不安は残る。
 うまく数を展開しつつこのカードを守り続けられたとしても、その場合には相手は裏側守備表示でしのいでくる可能性も高いのが難点となる。

 《V・HERO トリニティー》と同様に《未来融合-フューチャー・フュージョン》による墓地肥やし要員としても使用できる。
 墓地を肥やす性能はあちらが上だが、HEROの枚数が少ないデッキでは腐る事の少ないこちらの方が良い場合もある。

以上、wikiより。

wikiでは効果が弱いとあるが、別に主役でなくてもいいわけで、永続のフュージョン・ゲートを使えばすぐに召喚、サブアタッカーとして優秀じゃないですか?それと突っ立っているモンスターがいればゴーズ、その他がでてくることもあるまい。

こいつは何としてもGETしたいところだ!




| ホーム |


 ホーム