プロフィール

MAHODO

Author:MAHODO
魔法堂へようこそ♪
主にイベントなどの詳細を綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

amazon今日の新刊コミック

アニメPV&名曲集



presented by アニソン名曲.com

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

第4話『異動』

F『ふわーーーああ・・・終わった』

朝方になり、ガンスリングは終了した。引き継ぎ書を記入し、帰宅の準備をしていた。

会社はまだ警備員しかおらず、もう空は明るかった。FはAからDまでになるロビーを巡回したが

ユーザー『負けたーーー』『7連勝!』『ワンキルうぜーーーっ』

なんだよ・・・しっかり楽しんでるじゃないか…大丈夫そうだ。

ずいぶん、先輩の担当Cに脅されもしたが、RMTの現場らしいところもなかった。

予定では変化はないようだが今後としてはレヴォリューションマッチイベントが来週に開催。

F『またALLなのかな…俺なにやってんだろ…』

そう思いながら電車の中でウトウトしてしまうのだった。



来週になり、出勤するとなにか課内でなにかあったらしい。なんだろう?

F『おはようございます』

部長は少しご機嫌ななめだ。挨拶返しもない。

朝礼がはじまった。

部長『あー、諸君おはよう。きょうから一人配属になる、アメリカにいっていた次長のBクンがもどってくる。』

場内にどよめきがおこった。担当Cにこっそり『どんな人なんです?』ときくと

C『そうだなあ…部長やっててもおかしくない人かな。』

D『帰ってくるッスか!にぎやかになりそうッスね!』

そうDが漏らすと部長は一層顔を曇らせた。Dはそれに気付いてすこし黙った。

しばらくして、後ろのドアからひとりの長身の男がはいってきた。

B『ずいぶんひさしぶりですがよろしく。あれ、新顔もいるね』

Fは自分のことかとドキリとしたが、なかなかキレがありそうだと直感していた。

次長の役職は部長補佐が主な仕事だ。どんな分析やアイデアをもってくるのだろうか。

部長『挨拶はおわり!今晩は歓迎会を行うのでみんなスケジュールをあけておくように。』 

そしてしばらくして会議にはいる。次長の実力はいかほどなのだろう。



つづく。
スポンサーサイト

<< DT01を30で開ける画像 | ホーム | 小休止 >>


コメント

次号が楽しみ^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム